ニュースNo.15  JRは旧借地法の適用を認めた

投稿日: カテゴリー: ニュース(民商)

JR協議会(三宮高架商店街・三ノ宮駅東商店街・阪急西口商店街・西口本通2、3丁目会)がJRと懇談した内容の報告では、
「原契約書は旧借地法に基づいて、期限終了後もずっとその効力を失わない自動継続であることはJR側も良く承知している」
「JR側も年単位の時間がかかっても地元側と十分な話し合いをし、納得してもらった上で新しい更新契約書の締結に努力していきたいとのこと」とあります。
JRは旧借地法の適用を認めており、同じ高架下のモトコーにも通じることです。これは権利の保障であり、正当理由がない更新拒否は認められません。