ニュースNo.16 昭和62年、現契約の借地法適用をJRは認めていた!

投稿日: カテゴリー: ニュース(民商)

 4月11日(火)に元町高架通商店街振興組合が行った情報交換会で、資料として出された「請願書」は、とても重要なことが書かれています。
 その請願書は、西日本旅客鉄道㈱(JR)と昭和62年に契約を行った際に、三宮から元町の高架下組合などが協力し、契約内容について確認しているものです。
 請願内容は1~3項目あり、その中の3項目では、「本件契約は借地法の適用を受ける賃貸借契約であることを認識し・・・」とあり、それに対してJRは、
「請願書を確かに受理致しました。ついては、貴請願書の主旨はこれを了承すると共に、相互の信頼かのもとに業務を遂行したいと思っておりますので、皆様方のご理解とご協力をお願い致します。」と文書回答しています。

JRは現契約に借地法(旧借地法)が適用されることをはっきりと認めています。

2016年7月に提出済署名数
J R宛:2975名分
神戸市宛:2980名分
現在署名数

J R宛:679名分
神戸市宛:719名分
(4月27日時点:提出済を除く)