ニュースNo.5 説明会に全員で参加しよう! 耐震工事の根拠を明らかに‼

投稿日: カテゴリー: ニュース(民商)

当初、全体への説明会は行わないとしていたJRが、利害関係者全員が参加できる説明会を行います。
JRは耐震工事の為、契約更新はしないとしていますが、耐震工事が必要ならば、現在の耐震性はどれくらいなのか、具体的な工法および工期などを明らかにすべきです。同じ高架下でも、神戸駅や大安亭付近は契約更新を行っているのになぜモトコーだけ立ち退きを迫られるのかについても明らかにすべきです。
また、説明会への参加に人数制限をしていますが、利害関係者が説明会に参加する権利を奪うことは許せません。397席もある大きな会場です。そして、もしそれ以上の参加者になることが予想される場合、JRはさらに大きな会場を用意する責任があります。JRの一方的な参加制限を許さず、多くの参加者で埋め尽くしましょう。
これは、営業と生活のかかった大問題です。たった1回の説明会で終わらせるような問題ではありません。納得できるまで何回でも説明会を行うよう要望し、山側・浜側・借地人・テナント全員で契約更新を迫りましょう。

説明会が行われる前に集めた署名を提出しに行きました。
7月6日(水)、神戸市へ2792名分と、7月8日(金)、JRへ2846名分を提出。
神戸市はモトコー立ち退き問題が報道されてから、場所などの問い合わせが多くあると話してくれました。
集まった署名はその都度提出しますので、世話人か民商へお渡しください。